住宅にまつわることを知って暮らしに役立てる

現状回復と減価償却

現状回復と減価償却について

賃貸住宅では退去時に現状回復をしなくてはなりません。床についてしまった傷や壁紙についてしまった染み。タバコを吸う人は天井や壁紙にヤニがついてしまっているかもしれません。次にその物件を賃貸に出すために、借りたものを元の状態に戻すことを現状回復と言います。しかしモノは月日が経てば劣化していくことも当然です。経年劣化と言います。それらの負担は貸主が負担するととが定められています。法律が改正され、現在では6年以上経つとクロスや壁紙などの価値は1円になるとされています。そのため、通常使用での傷や汚れについては、6年以上住んだ物件では借主が負担する必要はありません。クリーニング費用を負担するだけで残りの敷金は返還されます。居住年数に対する減価償却の割合は折れ線グラフで表すことができます。

退去時に多く敷金を取り戻すために

入居時には部屋に傷や不都合がないかチェックすることが大切です。現状回復とは、入居時の状態に戻すことを示しますので、最初からついていた傷まで修理する必要はありません。大手の不動産会社であればしっかり管理をしているため、入居時に部屋をチェックするためのチェックシートを用意している会社もあります。念のため写真を撮って保存しておくことも大切です。小さい傷などは自分で修理することで、現状回復費用を抑えることもできます。また普段から傷をつけないように気をつけ、重い家具の下にはクッションを敷くなどの方法でできるだけダメージを与えない工夫も必要です。特にキッチン周りや風呂場は傷や汚れがつきやすいので、普段からの使い方を考えてみることが大事です。

現状回復について

現状回復に関して、大家とトラブルになることがあります。中には裁判沙汰になるようなケースもあるので、トラブルを避けるために現状回復と敷金に関しての理解を深めておきましょう。

Read More

火事のリスクを下げる

建築物に防災のスプリンクラーを設置することで、火事に対して備える事ができます。性能の高いスプリンクラーを設置することで火事の二次災害や死傷者の発生を防ぐことが出来ます。

Read More

オフィスを快適に

オフィスで働く時間を快適にして、モチベーション向上に繋げる方法として、オフィスのデザインを工夫するという方法があります。オフィスデザインを行なうことによって連携が促進して業務が効率化するなどのメリットもあります。

Read More

Copyright (c) 2015 住宅にまつわることを知って暮らしに役立てる all reserved.